まんなか・はしっこ

前堺市議会議員 田中たけよしのブログです

スポンサーサイト

Posted by 田中たけよし on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月議会に定数4削減案が提案

Posted by 田中たけよし on   0 comments   0 trackback

非公式に続いてきた市議会議員定数の削減案と報酬の削減案がこの5月議会に提案されることになりました。
定数は4名減、報酬は5%減が提案の内容、この間の協議では田中は従来からの主張通り、報酬源に賛成、定数減に反対の議論を行ってきました。
報酬については、3月議会では市職員の給与削減が行われた観点から、4月報酬より局長級の6%減を適用して市民基金への積立金として受け取り拒否し法務省に供託の扱いとしてきました。
 一方で定数減については、既成大政党の議席独占に反対、普通の市民が立候補し議会に進出する立場から報酬を削ってもむしろ定数拡大が必要と考えています。
 現時点で議員50名中、公明12、ソレイユ(民主含む)10、自民7で29となっており、維新11も賛成の方向と伝えられており条例案は可決される模様。

 市町村の定数規定は、1999年のそれまでの法定数を上限数とし、2011年の改定で上限数自体を廃止するという経過をたどっています。
 今回の案は、現行は52名の定数ですが、従来の法定数を堺市に当てはめれば56です。現行定数を4削減し48名としています。
 定数減案の区は次の通り
 堺区9→8、中区8→7、南区10→9、美原区3→2、東・西・北区は現行通り。
議会の改革は議会の定数減ではなく、市民の政治参加の枠を広げることが筋だと田中は考えます。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://h72wcx8m.blog.fc2.com/tb.php/148-d53d6a90
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。