まんなか・はしっこ

前堺市議会議員 田中たけよしのブログです

スポンサーサイト

Posted by 田中たけよし on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競争至上主義と超タカ派政治が手を結ぶとき

Posted by 田中たけよし on   0 comments   0 trackback

 今日の自民党総裁選では、決選投票で安倍晋三(元首相)が石破茂(前政調会長)を破り再度の自民党総裁となりました。総裁候補はいずれも「原発ゼロ」方針に異を唱えており、この点では誰がなっても方針見直しがされると考えていましたが、安倍新総裁は総裁選を争った石破茂を要職につけるとの方針であり、歴代自民党の中では最右翼の執行部が誕生することになります。こうした中でもすでに公明党は引き続き自民党との連携を表明しました。
 11月といわれる国会解散・衆議院選挙での民主党の大敗は明らかですし、たとえ自民党だけで政権を取れなくとも国政に入った橋下維新の会を入れての連立内閣ができます。
 前に「美しい日本」を掲げて改憲への道を進めた安倍連立内閣ができるすれば、今回の尖閣、竹島問題を受けて一層それらの動きを加速させることになるでしょう。新保守主義の安倍と競争絶対主義の新自由主義、維新の会が手を結べは、戦後政治で最悪の不幸の時代が始まることになります。
 


 


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://h72wcx8m.blog.fc2.com/tb.php/18-29dc515f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。