まんなか・はしっこ

前堺市議会議員 田中たけよしのブログです

スポンサーサイト

Posted by 田中たけよし on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反貧困・格差 若者が希望の持てる堺に

Posted by 田中たけよし on   0 comments   0 trackback

12月議会報告①
若者雇用に全力を・堺市ジョブチャレンジの継続と拡充を求めます 

 若者の完全失業率は2011年で8.2%という高さです。12月議会では、2008年から行われた政府の「緊急雇用創出事業」が打ち切られようとする中、堺市としてどうするのかを問いました。

 ジョブチャレンジ、3ヵ月雇用付きの就職あっせん 
 堺市は中高年齢者、母子家庭の母、障害者、そして未就職卒業者などの「就職困難者」に対して「緊急雇用基金」を使って昨年度より「ジョブチャレンジ」事業をおこなってきました。
 ハローワークなどの事業者の求人票に対して本人が応募するという就職斡旋と違うところは、OJTといわれる3カ月の「職場実習等」をセットにした雇用対策を行ない正規社員に誘導するというもので、いわば3か月間の見習い期間付きの就職斡旋ともいうべきものです。決して充分とは言えませんが、こうした求職者を並走してサポートする事業は他にはありません。2013年度の20名を最後に打ち切りが予定されています。

ジョブチャレンジ事業の実績・目標
年 度 内 容
2011年度 111→86名が就職
その内68名が正規雇用
2012年度 55名 実施中
2013年度 20名 予定、以降打ち切り

若者の失業率は1990年の二倍 
堺市ハローワークに登録されている34歳以下の方は4834名(9月現在)なっています。
全国的にも、年齢別の失業者では15~24歳の失業率がもっとも高く8.2%(グラフ1)となっています。また年層の非正規雇用率は1990年代後半から大きく上昇し、2011年時点では15~24歳の半数が非正規雇用という不安定な立場となっており、かつて大半が正規雇用であった25~34歳の男性でも非正規雇用率は15.7%(グラフ1)にのぼるなど、就職浪人をする学生も出ています。
ニッセイ基礎研の調査では、若者の経済的な余裕度も正規と非正規で二極分化していると報告しています。国民年金の未納率も4割となるなど若者の将来社会への見通しは明るくありません。

若者失業率

非正規率

 政府は緊急雇用を打ち切るな 堺市はジョブチャレンジを継続せよ
本会議と産業環境委員会ではこれらを取り上げて、緊急雇用事業が終了する状況に無いこと、何よりも実効性が高い「ジョブチャレンジ」は、むしろ拡充すべきであり、政府が終了したとしても堺市として「ジョブチャレンジ」事業を継続すべきだと主張しました。
当局答弁では、「指摘のとおりの成果もあり検討したい」との答えですが、雇用改善は田中だけの主張ではありません。2月の予算議会へ議論を継続します。

● 雇用改善へ―市民の声を 市政情報課・広聴係072-228-7475
● 堺市の就労相談
就職困難者のための就労相談 ①堺市地域就労支援センター 244-3711 ②南区企画総務課(窓口で)
若者(39歳以下)と女性の就労相談 ①さかいJOBステーション 238-4600 ②女性しごとプラザ 228-4650 


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://h72wcx8m.blog.fc2.com/tb.php/85-f67202a2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。